雪山日記

暇人の日記

自分を知るために価値観マップをつくる

にほんブログ村 スキースノボーブログへ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 IT技術ブログへ

 こんにちは、かっぱです。

 

 前回までの本で、敏感な人や内向的な人は、他人の批判に傷つきやすかったり、罪悪感で自分を責めて自分の心の声に声を傾けるのが苦手なことが分かったのですが、それには、価値観マップがいいんじゃない、と思ったので作ってみようと思います。

 

 なんで、価値観マップなの?というと、自分自身を理解するのにいいかなと。

例えば、自分は友人が極端に少なくて、それを心地よくおもっているのですが、それを誰かに話したりしてしまうと、変人扱いされて、交友関係を増やしたほうがいいとか、その人の価値観を押し付けれて、頑張ってしんどくなったりするのですが、友人は少ないほうが心地よいという、価値観をもっていれば平気だったり。特に、自分の価値観を理解していない、小学校・中学校は友達を作ろうとしてしんどかった。

 

てな感じで、価値観マップを作っていくんですが、作り方は

  1. ノートを縦に4分割する。
  2. 左に項目を並べていく。家族、結婚・恋愛、子育て、友人・対人関係、キャリア・仕事、成長、楽しみ、コミュニティ、健康
  3. 次の列に、それぞれの項目に対して、どのように行動したいかを書く
  4. 次の列に、自分の人生での重要度のレベルを10段階で書く
  5. 次の列に、今の自分の行動と、どのように行動したいかが、どのくらい一致しているかを、10段階のレベルで書く。

 

書けたら、重要度と一致度を比較するのですが、離れたいればその項目は自分の心の声に背を向けていて、近ければその逆。

 

 注意点として、3のどのように行動していたいかは、価値観を示しています。ここに目標を書いてはいけません。価値とは現在考えていることで終わりないんです。に対して目標がいつか達成したいゴールなので、達成すれば終わりです。

 

例えば、わたしなら仕事の項目で、どこでも働ける環境の仕事と書いて、重要度は10で達成度は0です。サラリーマンなので、めちゃくちゃ背いてるWWW

ここで、年収1000万円とは書いてはいけないのです。

 

 そのほかの例はこの本に書いてあるので、見てみると考えやすいかも。

著者はパレオな男でおなじみの、鈴木祐さん。

最高の体調 ACTIVE HEALTH

最高の体調 ACTIVE HEALTH